スポーツ経験ゼロの社畜がZwiftロードレースで日本一を目指す

これは、29歳の社畜会社員がスポーツ未経験にも関わらずe-sports(ZWIFT)でロードレース【Japan National Championship】優勝を目指して 情熱的に生きる姿をお届けするブログです。

【ZWIFT】アタックに反応するタイミングは難しい

f:id:tichinose48:20190731221344p:plain

こんにちは、一ノ瀬です。

 

最近、疲労がなかなか抜けない体になっています。

 

数値で見る疲労はそこまでありません。

ATL:109

CTL:92

TSB:-17 

 

普段の食事で野菜が足りていない可能性はあります。

 

不足分を補うために、これを朝・昼・晩、摂取しています。

↓マイプロテインマルチビタミン

 

そんな中でも、本日もZwiftレースに参加してきました。

 

ボロボロでしたが、レースレポをお届けします。

コースプロフィール

3R Greater London Flat Race - 2 Laps

f:id:tichinose48:20190731223404p:plain

総距離:28.5km / 獲得標高:90m

 

レースサマリ動画と結果

レース動画

↓レース全体の動画はこちら


宜しければ、チャンネル登録お願い致します(; ・`д・´)

 

結果

4位 39:27(+2.460s) AVG250w / NP265w

 

レース展開

序盤の展開

平地にしては軽いスタートとなりました。

 

あまりに軽かったので、もしかしたら逃げられるかも?と勘違いしてS.K選手と共に逃げてみるが、結果ムリ(´_ゝ`) 

 

そんなに甘くはないですね。

 

集団に捕まってからは、ペース自体は落ち着いておりイージーモード。

 

 

中盤の展開

ステージ上で天候が変化。 

 

晴れから一転、いきなりの雨が。

 

しかし、走りには特に影響しません。

 

特にアタック等も発生せずに最終周回に突入。

 

終盤の展開

雨が止んでまた晴れに。

 

動きはそれなりに激しくなり、時折360W以上が必要な展開に。 

 

しかし、まだまだイージーモード。

 

そこまでの絞り込みには至らず。

 

大きく変わったのは4kmを切った辺りから。

 

S.K選手が単独アタック。

 

5秒ほどのマージンが生まれてから集団が活性化。

 

追いかけるには常時450W OVERが必要な展開でかなりキツくなってきました。

 

ここでちぎれる人が多発。集団も粉々に。

 

 S.K選手を捕まえた集団は8人程度に縮小。

 

そして、残り1.7kmを切った辺りでFurutani選手が渾身のアタック。

 

一気に6秒差が付き、同チーム(URC)のNem選手が後を追う形に。

 

集団はそれを必死で追いかける。

 

逃げは6PWR以上で逃げており、なかなか追い付かず、ラストkilometerに突入。

 

そのまま4秒差が縮まらずにゴール前まで追走したのちゴールスプリント。

 

ヘロヘロのスプリントでvillafano選手に捲られて4位でゴール。

 

考察とまとめ:最後の逃げを容認。他力本願で勝とうとしてはダメ。

 今回の敗因は最後の展開の読みの甘さでした。

 

最後、集団の誰かが追走してくれ、追い付くだろう。そう思っていました。

 

しかし、集団は活性化せずに、結局自分で追いかける形に。

 

最初からアタックに反応しておくべきでした。

 

完全に読みの甘さ&経験値不足でした。

 

また、反応しなかったことには他にも理由があって、ここ最近の疲れから全く心肺が機能しないのです。

 

追いかける気になれなかったことも事実。

 

正確に言うと、心拍が上げることに対して体が拒否反応を示しており、無理に上げると身体が悶絶する始末。

※例えるならば、インフルエンザに罹った時の身体のキツさから悶えてしまうアレ。

 

どうしようもないポンコツっぷりです。

 

恐らく、ここ最近の厚さが原因で、発汗のし過ぎで栄養が足りておらず、回復に時間がかかっている模様。

 

つまり、1週間で追い込める(追い込みに身体が耐えられる)日数に制限が出てきているということ。これは困る、、。

 

夏場は回復日を多めにしてトレーニングに取り組もうと思います。

 

次回も応援よろしくお願いします。