スポーツ経験ゼロの社畜がZwiftロードレースで日本一を目指す

これは、29歳の社畜会社員がスポーツ未経験にも関わらずe-sports(ZWIFT)でロードレース【Japan National Championship】優勝を目指して 情熱的に生きる姿をお届けするブログです。

【妄想】ロードバイクの理想的なトレーニングルーチンを考えてみた~充実した理想の日常とは~

f:id:tichinose48:20190919221219p:plain

こんにちは、一ノ瀬です。

 

突然ですが、あなたは朝練肯定派ですか?否定派ですか?

 

ワイは肯定派です。

 

積極的に取り組みたいと思っています。

 

しかし、現状、朝練は続けられていません。

 

肉体的余裕というよりも、時間的余裕がありません。

 

既にカツカツに切り詰めています。

 

もし仮に、自由に自身のタイムスケジュールを決められるとしたら…

 

ワイのタイムスケジュールは不自由だった記事はこちら↓

blog.spozerozwifter.tokyo

 

全ての枠を取っ払って、自身のライフワークを自由に決められるとしたら…

 

今回は、ロードバイクというライフワークを主軸に、その他を自由に決められるとしたらをまとめてみました。

理想的な日常

ワイってわがままで、やりたいことがたくさんあるんです。

  • ロードバイクで朝練と夜練の二部練やりたい
  • 毎日映画観たい
  • 毎日温泉とサウナに入りたい
  • 寝る前の晩酌は欠かしたくない

 

他にもガンプラとか作りたいし。

 

本も読みたいし。

 

もう言い出したらキリがないんです。

 

今回は、そんなやりたいことだらけの頭から、1日24時間という時間的制約がある中に、どう組み込めば自分が一番理想とする日常になるのか?という「最適化問題」を真面目に解いてみました。

 

そもそも、再度確認ですが、「理想」とは

  1. 人が心に描き求め続ける、それ以上望むところのない完全なもの。そうあってほしいと思う最高の状態。「理想を高く掲げる」⇔現実。
  2. 理性によって考えうる最も完全な状態。また、実現したいと願う最善の目標あるいは状態。
goo辞書より引用→https://dictionary.goo.ne.jp/jn/231064/meaning/m0u/

 

つまり、今回の場合、今のワイが考えられる『これ以上望むところのない完全なる1日のタイムスケジュール』を作成できたら、それが理想ということになります。

 

理想のタイムスケジュール

ワイが考える理想的なタイムスケジュールはこちら↓

07:00 起床
07:30 朝食
08:00 朝練
09:00 風呂
10:00 午前の仕事開始
12:00 昼食
13:00 午後の仕事開始
15:00 仕事終了
15:30 仮眠
17:00 夜練
19:00 サウナ
20:00 夕食
21:00 映画(晩酌)
23:00 就寝準備
24:00 就寝

 

面白くない日常と感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

あくまでワイ基準です。

 

では、詳しく見ていきましょう('_')

 

07:00 起床

部屋の前のテラスでカラスの大きな鳴き声で自然起床。

 

顔を洗い、コンタクトを入れたらモーニングコーヒーを一杯。

 

朝ごはんはシリアルに牛乳をかけたものを一杯(400Kcal)。

 

お腹が落ち着いたら朝練の準備。

 

08:00 朝練

Tacx Neoに電源を入れ、AppleTVでYouTubeを付けたらローラー開始。

 

iPadではTrainerRoadを立ち上げて、朝練用のメニューを選択。

 

軽く汗をかき、追い込むようなメニューはしない。

 

ある程度心拍が上がったら、メインセット開始。

 

心地良い状態で朝練終了。

 

09:00 風呂

朝にもかかわらず浴槽にしっかり浸かり、身体を温める。

 

風呂上がりに、キンキンに冷えたプロテインを飲み身体を冷ます。

 

髪を乾かし、身支度を整えたら、仕事の準備。

 

仕事は自宅からリモートワークで行う為、PCにログイン後、RDPでサーバーへ接続。

 

10:00 午前の仕事開始

メールの返信を済ませたら、資料の手直し。

 

午後の会議に向けて、調整事項を済ませる。

 

部下たちに、プロジェクトの進捗を確認したら指示を出して午前の部終了。

 

12:00 昼食

昼食を食べるために外出。

 

近くのホテルラウンジにおしゃれランチを食べるために向かう。

 

おいしいアイスコーヒーを飲みながらペペロンチーノを注文。

 

食後に家の周りを2km程歩いて消化吸収をスムーズに。

 

13:00 午後の仕事開始

お腹が落ち着いたら、午後の部開始。

 

Skypeでテレビ電話を繋いで、偉い人たちにプロジェクトの進捗を報告。

 

今後の方針を合意出来たら、合意事項をまとめてチームメンバーに周知。

 

今後のスケジュールを組みなおし、課題があれば、消化していく。

 

15:00 仕事終了

仕事が落ち着いたら本日の勤務終了。

 

RDPを切断して、PCの電源を落とす。

 

机を片付けて、明日の準備。

 

15:30 仮眠

夜練に向けて、仕事で疲労した体を一旦休ませる。

疲労しているのだろうか?(笑)

 

ベッドに入って、ホットアイマスクを付けて1時間程度の仮眠。

 

仮眠終了後、夜練の準備を開始

 

再びローラーを準備。

 

17:00 夜練

AppleTVでZwiftを立ち上げ、レースに備えてアップ開始。

 

激しいアタック合戦を繰り広げるZwiftレースでオールアウト。

 

レース後はダウンをしっかり行って、片付けて終了。

 

19:00 サウナ

そのままの格好で、荷物をもって行きつけのサウナへ出かける。

 

汗を流して、サウナ&水風呂ローテでキメてから上がる。

 

風呂上がり後はすぐにコーヒー牛乳を一気飲み。

 

疲れた脚にホホバオイルを塗って、セルフマッサージ。

 

リカバリーウェアを着用して家に帰る。

 

20:00 夕食

夕飯は行きつけの居酒屋で野菜たっぷりメニューを注文。

 

軽くお酒も飲んで、長居せずに店を出る。

 

そのままの脚で映画館へ向かう。

 

21:00 映画(晩酌)

人気の映画を鑑賞。

 

飲み物はソフトドリンク。

 

映画が終わったらハイボールを買って、帰宅。

 

軽く晩酌をしたら就寝準備

 

23:00 就寝準備

着替えてから歯磨き。

 

ベッドに入って、ゆっくりと目を閉じる。

 

自然に眠りに落ちるのを待つ。

 

24:00 就寝

 

実際に実行するとどうなるのか

今、自分自身が一番満足するであろう、平日のライフワークを最大限充実化させました。

 

これ以上の一日は、今のワイの頭では思いつきません。

 

恐らく、他の人が考えたら、また別のタイムスケジュールになることでしょう。

 

実はワイ、理想の一日をここまで詳細に考えたのは今回が初めてなんです。

 

ふわっと、あれがやりたい、これがやりたい、とか考えることは合っても、実際に実行に移せる形でタイムスケジュールを引いたのは初めてです。

 

実際に形にしてみて、凄くワクワクしています。

 

朝練と夜練の二部構成で、無理なくトレーニングボリュームが稼げて嬉しい上に、大好きな映画とサウナの両方を平日に堪能できるなんて至福。

 

一方で、ふと思ったのですが、

 

「ダラダラする時間が無いから意外と疲れるのではないか?」

 

なんてことでしょう。

 

こんな素敵な充実した平日を送れるにもかかわらず、このようなクソ雑魚発言とは。

 

ワイはどこまで行っても凡人です。

 

だとしたら。

 

【企画】 『実際に理想の日常体験してみた』

 

ここまで計画したのであれば、もはや実行して、どんな感想を抱くのか、検証してみるしかありません。

 

ローディーにとっての「夢の日常」の一つであることでしょう。

 

10年後のスーパーボンビーローディーになったワイを先取り体験してみます。

 

次回、検証します!

 

乞うご期待(; ・`д・´)

 

まとめ:凡人が考える理想とは結局凡人クオリティ。次回は理想の一日をガチ検証するしかない!

 いかがだったでしょうか。

 

ワイが考える理想なんてこの程度です(;'∀')

 

あなたも理想の一日をガチで考えてみてください。

 

そして、紙に書きだし、改めて見て、実際に実行した自分を想像した時、どのような気持ちになるのでしょうか。

 

意外な感情に驚くかもしれません。

 

ワイがそうでした。

 

理想は自分が一番満足するものだと思っていましたが、実際、繰り返される毎日で一番満足する一日を考えることが出来ません。

 

その中でも考えうる最善の一日をタイムスケジュールに組み立てたので、これを実行してみて、どのような感想を得るのか、検証してみたいと思います。

 

近いうちに実施するので、ご期待ください(; ・`д・´)